今まで有名だったAGA治療服用薬の3割増しの効果があると言うデュタステリドを服用して早2年。今フィン○シアやプ○ペシアを飲んでいる方に是非切り替えて欲しい薬がデュタステリドです。

薬とサプリメントの併用注意点

脱毛の原因となる「5αリダクターゼ」という酵素にはⅠ型とⅡ型があり、デュタステリドはⅠ型もⅡ型も両方を抑えることができる飲むタイプのAGA治療薬です。
その治療効果は極めて高く、今まで様々な治療薬を試してきて効果がなかった方にも改善が認められています。しかも、ジェネリックであるために他の薬品のデメリットであった経済的負担もかなり軽減されています。
しかし、治療効果も高いのですが服用に際してはその副作用に注意する必要があります。服用に際しては最初の半年の間に勃起不全及び精力減退、肝臓への負担があります。
デュタステリドは、血中半減期が長く肝臓への負担も大きいとされています。また、妊娠中の女性にも影響があります。
子供に障害が残る恐れがあり、服用はもちろん触れることも厳禁とされており、もし触れた場合は医師への相談を推奨されています。
その他、献血に際しても服用中止後でも半年間は避けるよう注意が必要です。
これほど強い薬品であることを知ったうえで服用をする必要があります。
このように強い作用のあるデュタステリドですので他の薬品やサプリメントとの併用には注意をする必要があります。
その中でも、ノコギリヤシは、植物成分由来という違いはありますが、育毛に対する効果の過程は同じ方向にありますので、相乗効果が期待できます。
医師の監視や相談の必要もなく安全に試すことができます。また、価格も安く手に入るために経済的にも安心です。
また、ノコギリヤシの選択の基準として一回分の分量が十分なものを選択することが大事で、一日当たり320㎎を基準とし、できれば2回に分けて服用するとよいでしょう。
ノコギリヤシであれば多少摂取しすぎても問題はなく安心です。