今まで有名だったAGA治療服用薬の3割増しの効果があると言うデュタステリドを服用して早2年。今フィン○シアやプ○ペシアを飲んでいる方に是非切り替えて欲しい薬がデュタステリドです。

安全に使用できる薬とは

近年では、テレビCM等の効果もあり、男性型脱毛症(AGA)の認知度は高まってきました。この男性型脱毛症について、安全に使用できる薬(医薬品)とはどのようなものがあるのでしょう。
有名な男性型脱毛症の薬として、デュタステリドと呼ばれるものがあります。これは、飲用タイプの男性型脱毛症治療薬でも代表的なプロペシアと呼ばれる薬を上回る効果が期待できるアボダートと呼ばれる薬のジェネリック医薬品です。
まず、脱毛の原因物質となる5αリダクターゼと呼ばれる酵素があるのですが、これにはⅠ型とⅡ型がありどちらか片方にしか効果が無いという薬も多いのは事実です。ただ、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑える効果があり、その他医薬品で効果を得られなかった方に対しても期待の持てるものと言えるほか、前述のようにジェネリック医薬品であることから、金銭的な負担も軽減できることは嬉しいところです。
実はこの薬は元々前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬なのですが、臨床時点でその副作用として育毛、発毛効果があったことから、更に臨床試験が進められ、脱毛症に対する効果が認められたものです。
なお、この薬は飲み続けることで更なる発毛、育毛効果が期待できる為、飲み忘れ等には十分注意する必要があります。
副作用としては、男性ホルモンのバランス調整を行うことから、その他脱毛症に対する医薬品と同様、性欲減退や男性機能の低下などが一般的ですが、それほど強い副作用は報告されておらず、比較的安全に使用できる薬といっても良いでしょう。
もう一つの注意点として、大抵の医薬品には相互作用と呼ばれるその効果、効能のほか、副作用等を増強、低下させる作用があります。このデュタステリドは、前述のように比較的安全な医薬品でありますが、リトナビルと呼ばれるエイズ治療薬と併用すると相互作用が発生する可能性がある為、この場合は専門の医師、薬剤師に必ずご確認下さい。